読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本人が知らないルーレット攻略法

オンラインカジノのルーレット戦略と攻略法を世界中から寄せ集め!他の日本語サイトでは絶対に見れない驚異の一撃戦略をマニュアルで無料公開中!

パチンコは勝てません

私はさかのぼる事、1990年頃からパチンコやってました。

サーカスやぶんぶん丸といった平台から始まり、権利もの、アレパチ(アレジンとか)、スロット(ヤマサのパルサー、スーパープラネット、コンチネンタルシリーズなど)、その後沖スロピカリ裏ものとどれもやりがいがあるものばかりをやりまくってきました。

 

当時は技や知識で勝てた時代でもあり、結構パチプロを自称して本当にパチンコで食べていた人いたんですよね。昔は新台入れ替えなんていうと、店側も結構出したりとパチンコは全盛期だったと思います。

 

ただ、今の時代めっきりパチプロなんて言葉も消えつつあるなと思います。今やホールコンピューターが収支を管理し、パチンコ屋が絶対に負けない様になっています。そのため、パチンコを攻略して勝とうなんてのはほぼ無理でしょう。逆に勝っている人がいたらどうやっているのか知りたいぐらいです。多分立ち回り、当たっている島を見つけて、みたいな方法ぐらいしかないと思います。

それでも朝から行列をなしてやっている人、いますよねぇ。よっぽどパチンコ屋に永久貯金をしたいのかなんなのかはわかりませんが、負けると分かってやっているのはマゾ以外の何物でもありません。よほどお金を捨てるほど持っている方か、当たった時の快楽を求めている脳の病気の人ぐらいしかいないですよね。

ちなみに、私はずっと後者の人間だったのでよくわかります。

 

これは脳が当たった時にドーパミンを大量に放出させているんですね。その快感を人間はなかなか忘れる事が出来ません。大敗した時に二度とやるものか、と思っていても続けてしまうのは病気以外の何物でもないのです。


わざわざ交通費を使って足を運び、10%~20%ぐらいの確率でしか勝てないものをやるのはこのドーパミンちゃんの仕業なんですね。

でも一度冷静になって考えて下さい。

パチンコ屋が、慈善事業でもやってると思いますか?あれだけの設備費、人件費、家賃、光熱費かけて客に勝たせると思いますか?

そんなわけないですよね。
だから、八割の方は負けるようになっています。

一方ってオンラインカジノってどうなんでしょうか。

オンラインカジノももちろん慈善事業をやっているわけではありませんが、海外で運営されているオンラインカジノはほとんどがその国の政府が公認してライセンスを受けて運営している上場企業です。

 

企業としては、もちろん利益追求をするのは当たり前なのですが、それでも還元率はパチンコの比ではありません。

 

例えば、パチンコの還元率は70%ぐらいといわれています。(本来もっと低いと感じますが)ちなみに宝くじは50%です。それがオンラインカジノは実に95%以上となっています。

ではなぜオンラインカジノはそこまで還元率が良いのでしょうか?

それは運営するのにそれほどコストがかかっていないからなんですね。

 

全ての賭け事はウェブで完結します。そこにはLiveを除いては、すべてプログラムで実施していますので、かかるのはシステムプログラム費用のみ。(このシステムはちゃんと別の会社があって、それを専門で作っている会社があります)

 

後はそこに人間は介在しませんので、当然利益もお客に還元できるわけです。

一方でパチンコ屋さんはというと、

 

設備費(台の入れ替えなど。1台50万ほどかかるようです)

人件費(店員さんなど)

土地代(基本立地が良い所にありますから結構な値段だと思います)

光熱費(これもすごい金額になるようです。一日中つけっぱなしですからね)

 

これだけ見てもすごいわけですが、これでどうやってお客に勝たせようっていうのでしょうかね。ほとんどの客は吸い上げられます。当たり前ですよね。先ほどもお伝えした通り、事前事業じゃないんです。そのため、パチンコ屋さんはホールコンピューターなる全台の当たりをコントロールする機械を入れない事にはやっていけないのです。

よく、パチンコをやっていて、なぜこれで当たらないというリーチとかに遭遇したことはありませんか?これ全部ホールコンピューターの仕業ですよ。もう馬鹿馬鹿しくて腹立たしいを通り越しますよね。


別に今更パチンコ屋さんを腹立たしいとも思いませんが、私は二度と足を踏み入れる事はないと思います。それよりももっと身近なスマートフォンでいつでもオンラインカジノが出来る時代です。パチンコもいつしかすたれる事になるでしょうね。。。

 

という事で、皆さんもっとお金は大事に使いましょうね。