読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本人が知らないルーレット攻略法

オンラインカジノのルーレット戦略と攻略法を世界中から寄せ集め!他の日本語サイトでは絶対に見れない驚異の一撃戦略をマニュアルで無料公開中!

マンシュリアン法(戦略シリーズ第6弾)

 

ついに、この戦略をご紹介する時がやってまいりました!
というのも、実はこの戦略、相当威力があるのです。なので、一ひねりして有料で販売してしまおうかな、なんて思ってたりもしたのですが、ただ、YouTubeで動画を見ていれば目にも入るでしょうし、もったいぶっても仕方がないのでご紹介させて頂きます。

この戦略ですが、私は初めて見た時ゾクゾクワクワクしたのを今でも覚えています。これを紹介しているのは、多分インド人あたりの人だと思うのですが、動画ではちょっと聞き取りずらい英語で説明していきます。リアルマネーでやっているっぽいのですが、これが面白いようにばしばし当たっているんですね。まぁそういう場面を撮った可能性も十分あるので鵜呑みにしてもいけませんが、でもこの戦略はまず日本人にはない発想ですよね。名前は動画でも言っているのですが、良く聞き取れないので、Mansuriansさんとしておきます。

そもそもインド人(と半分決めつけてしまっていますが)の数字の考え方は日本人とも欧米ともまるで違います。でなければこの発想はなかなか出てきません。雑学ですが0という数字を考え出したのはインド人と言われています。

なお、この戦略のロジックですが、なぜこれが良いのかさっぱりわからないのですが、自分なりに検証してみると、こんな感じです。

1回目の勝率 11%
2回目の勝率 22%
3回目の勝率 32%
4回目の勝率 43%
5回目の勝率 54%
6回目の勝率 65%
7回目の勝率 76%
8回目の勝率 86%

回を重ねる毎に、勝率が上がります。なので、以下でもお伝えしますが、損切りポイント無視で7回目までやっても良さげなんですけど、負けた時のリカバリーが私にとってはきついので6回目までを損切りポイントにおいています。

まぁそんな事はさておき、この手法は文章で書くより、実際に動画を見てもらったほうが良いと思いますので是非見てみてください。一応補足で説明をつけておきますが、説明するとちょっと分かり辛いです。

なお、概要および補足事項としては、以下の通りです。

・開始資金は2000Unit以上を推奨
(個人的にテストを繰り返した結果からの数字です。これ以上あればなお良しです)
・5回目までのベットで当たればプラス、6回目以降からは基本マイナス
(当たる数字によっては大勝ちする時もありますが、考慮しないほうが良いです)
・大体5回目くらいまでに当たるが、6回目でも大丈夫。7回目になってしまったら、損切りして戻ってこい
(と動画でMansurianさんが言ってましたが、その通りです。私は実践上6回目までを損切りポイントにしています。6回目まで負け続けると161Unitマイナスとなりますが、これなら容易に取り戻せる額です。)
・7回目までいくと負ける額がぐーんと伸びます。でも勝率も間違いなく伸びるので悩む所ですが、常勝したい方は6回目であきらめましょう。
・0が出た時は、次にきそうなエリアにベット
(動画では0が出たケースはありませんでしたが、そうせざるを得ないでしょうね)
・2、5、8、、、35の列の数字が出た場合は、上か下どちらでもOK。
(私は2の場合は上、5の場合は下、8の場合は上、というルールで運用しています)


という感じです。
YouTubeコメントでは、これもネガティブなコメント(というかポジティブなコメントなんてあまりないんですけどね)が多数ありましたが、私はこれで非常に安定した収益が確保できるようになっています。

なお、オプションのやり方としては、
・3回目までは1Unit単位で、その後は同様に各ベットをダブルしていくと、6回目まで負け続けた場合でも82Unitのマイナスに抑える事ができます。当然1~5回目までの収益は少なくなりますので、これはその時々で使い分けると良いでしょう。これは勘というか流れをくみ取るしかないでしょう。例えば、6回目まで負けた次のセッションは5回以内に来る事がほとんどなので、通常、その他はリスクヘッジオプションでやるなど。

この戦略を使う使わないは皆さん次第ですが、まずはテスト検証してみてください。

roulette-meister.hatenablog.com